暗黙のルールについて | セクキャバとキャバクラは稼ぎまくるのにぴったりです menu

暗黙のルールについて

赤い下着をつけている女性

基本的にキャバクラではヘルプとしてお客さんの仕事をすることもあります。
そのためヘルプについてもしっかりとルールを理解しておかなければいけません。
というのも、通常の接客とは異なるルールがそこにはあるのです。

まずヘルプとしてお客さんの相手をする場合、絶対にお客さんから過剰に好かれないようにしなければいけません。
つまり指名されないようにするということです。
その理由は、あくまでもヘルプだからです。

ヘルプとは要するに助けるということ。
実はタイミングによっては指名されるキャストがかぶってしまうことがあります。
つまりそのときにあなたが指名されたキャストの代わりに出動することになるのです。

そしてその際に、もしあなたがいつも通りに接してしまうとお客さんに好かれてしまう可能性が出てきてしまうでしょう。
それはすなわちお客さんの指名を奪うことにつながってしまいます。
ということは、最初に指名されていたキャストに発生するはずだったら報酬がゼロになるわけです。
これはとても罪深いことだと思いませんか?
もちろんキャバクラの世界は弱肉強食ですが、だからといってすでに指名されているキャストからお客さんを奪う行為というのはモラル的によくありませんし、そのキャストに大きな損失をさせてしまいます。
だからほとんどのキャバクラでは暗黙のルールとして、人のお客さんは取らないようにすることを挙げています。
万が一お客さんを奪ってしまったら、間違いなくそのキャストと大きなトラブルになりますし場合によっては罰金などのペナルティも発生するかもしれません。
だからヘルプをするときは、いつもよりも控えめに無難な接し方をするようにしましょう。